« 新井薬師の諸仏(中野区新井) | トップページ | 上高田5丁目の庚申塔(中野区上高田) »

2020年1月29日 (水)

松が丘の地蔵堂(中野区松が丘)

狭めの道だが頻繁に路線バスの往来する新井薬師前駅西側踏切の哲学堂通りを北に歩く。350mほど進むと、西側の道路わきに地蔵堂がある。この一角はとても小さな三角地帯だが、ここは新宿区と中野区の区境。西落合二丁目がこの周辺だけ妙正寺川を越えている。地蔵堂脇から分岐する路地は江戸時代からある道筋で、ここは昔から辻だった。しかし大正時代以前は妙正寺川が村境で、こちら側が上高田村、川向うが片山村であった。

Cimg3429

この辺りは大正時代までは畑が広がり、路地の坂を上っていくと民家が数軒集まっているというような農村風景だった。堂宇を覗いてみると3基の石仏が祀られている。右から、板碑、地蔵、庚申塔の准である。右の板碑は、造立年などは不明。明治時代後半に片山橋東側の高台付近の農業施策地で土中から発見されたもの。片山橋というのは妙正寺川ではなく、路地が中野通りを越えるためのオーバーパスの橋。昭和の高度経済成長期に造られた。

Cimg3438

中央のいちばん背の高いのは地蔵菩薩立像。元禄年間から松が丘北野神社(妙正寺川の近く)にあったものを明治の初め頃この地に移した。この近辺は鼓ヶ原と呼ばれていたので、この地蔵も鼓ヶ原子育地蔵と呼ばれた。この地蔵は大正時代末期に大破し、さらに昭和20年の戦災も受けた為、地元の有志によって昭和25年頃再建された。左端は角柱型の庚申塔で、青面金剛像と三猿の図柄。これも昭和25年(1950)1月再建となっているので、地蔵と同じような経緯があったのだろう。

場所  中野区松が丘1丁目29-22

|

« 新井薬師の諸仏(中野区新井) | トップページ | 上高田5丁目の庚申塔(中野区上高田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新井薬師の諸仏(中野区新井) | トップページ | 上高田5丁目の庚申塔(中野区上高田) »