« 大和町の育英地蔵尊(中野区大和町) | トップページ | 環七の交通安全地蔵(中野区野方) »

2020年1月12日 (日)

大和町の厄除不動尊(中野区大和町)

育英地蔵尊の隣に並ぶのが厄除不動尊。こちらには3基の石仏が祀られている。中央に不動明王像があり、左右には庚申塔という並びで、バランスのいい景色である。主役は中央の不動尊なのだろうが、個人的には庚申塔の方が主役に思えてしまう。二つのお堂の前の道は八幡通りという。もともと上沼袋村の中心を東西に走る道だった。

Cimg3353

不動明王像の造立年などは分からないが、左右の庚申塔にはきちんと彫られている。左の大きな方の唐破風笠付角柱型の庚申塔は、青面金剛像、邪鬼、二鶏、三猿の図柄で、「武州多摩郡上沼袋村大場 講中22人 願主 伊藤作左衛門」の銘がある。造立年は宝暦13年(1763)10月。大場というのは明治時代までの小字で、妙正寺川の北側(左岸)の一部である。

Cimg3354

右の庚申塔も唐破風笠付角柱型の角柱型。こちらの造立年は元禄6年(1693)11月とこっちの方が古い。青面金剛像と三猿のシンプルな図柄で、こちらには「武州多摩郡大場村」の銘がある。元禄時代は大場は小字ではなく村だったのだろうか。

場所  中野区大和町2丁目42-11

|

« 大和町の育英地蔵尊(中野区大和町) | トップページ | 環七の交通安全地蔵(中野区野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大和町の育英地蔵尊(中野区大和町) | トップページ | 環七の交通安全地蔵(中野区野方) »