« 上高田の馬頭観音⓶(中野区上高田) | トップページ | 天神町の石仏(中野区中野) »

2020年2月 3日 (月)

薬師柳通りの地蔵堂(中野区新井)

早稲田通りから新井薬師へ向かう通りが薬師柳通りである。現在はバス通りだが、この道をまっすぐに進むとやがて新井薬師梅照院の山門に至る。従ってこの道が新井薬師への本来の参道と言えるだろう。江戸時代には早稲田通りの北側を妙正寺川の支流が流れており、現在でも暗渠道が薬師なぎ通りと交差していて、高度経済成長期までは開渠として川が流れていた。

Cimg3481

堂宇はなかなか立派なものである。この堂宇、戦災ではなく昭和24年(1949)の火災で焼失したが、昭和29年(1954)に地元の故泉与三郎氏が中心となって再建した。現在も花や折り鶴が飾られており、地蔵会の活動は続いているようである。新井薬師への道標だけではなく、子育てや病気の平癒に御利益のある地蔵尊として親しまれている。

Cimg3490

地蔵は丸彫で、造立年は延享3年(1746)10月。「武州多麻郡中野村打越」の銘があり、「これより右 あらい村 梅照院江三丁道」とある。打越というのはこの辺りの古い小字である。打越町の名前は昭和の中頃まで中野駅北口周辺(現在の中野5丁目)が最後まで打越の名を残していた。地蔵は明治の中頃、首が折れてしまったという。よく見ると顎の下に接着した痕跡がある。地蔵は災いを代わりに被ってくれるというから、これで誰かが救われたのではないだろうか。

場所  中野区新井1丁目1-19

|

« 上高田の馬頭観音⓶(中野区上高田) | トップページ | 天神町の石仏(中野区中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上高田の馬頭観音⓶(中野区上高田) | トップページ | 天神町の石仏(中野区中野) »