« 小足立八幡神社の庚申塔(狛江市西野川) | トップページ | 橋之下橋の地蔵堂(世田谷区砧) »

2020年2月27日 (木)

東野川民家の庚申塔(狛江市東野川)

狛江市の通り名は学校に由来するものが多い。狛江第五小学校から西に延びる道と南に延びる道には「五小通り」と書かれている。西に延びる方の五小通りの途中の民家の庭先に古い庚申塔が祀られている。

Cimg3749

駒型のなかなか立派な庚申塔である。隣にあるのは地蔵立像っぽいが中程で折れていたり、顔がどうも別物のようで、出処は分からない。いっぽうの庚申塔は年代観もありしっかりしたものである。

Cimg3752

日月、青面金剛像、三猿の図柄で脇に二鶏が彫られている。高さは97㎝ほどあり、「奉造立 庚申供養 武州多摩郡覚東村」の銘がある。また願主名も河合伝内ほか7名の名前が彫られている。造立年は正徳4年(1714)9月とあるので、江戸時代の最も栄えた時期のものである。覚東村は旧野川よりも東側の村であった。

場所  狛江市東野川2丁目3-2

|

« 小足立八幡神社の庚申塔(狛江市西野川) | トップページ | 橋之下橋の地蔵堂(世田谷区砧) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小足立八幡神社の庚申塔(狛江市西野川) | トップページ | 橋之下橋の地蔵堂(世田谷区砧) »