« 清岸寺門前の石仏(渋谷区幡ヶ谷) | トップページ | 清岸寺の石仏【2】(渋谷区幡ヶ谷) »

2020年3月17日 (火)

清岸寺の石仏【1】(渋谷区幡ヶ谷)

参道の直線の坂道を上ると広い境内に出る。向かって右手から奥にかけて墓所が広がっている。左に直角に曲がると本堂がある。正面には六角の浄霊殿があり、面白い境内の造りである。右の墓所の手前に石碑や石仏が集められている。

Cimg3919

まず目に入ったのは一猿の半跏像の庚申塔である。これは極めて珍しいもの。猿の姿がまるで赤児のような形をしている。板碑型だから古いものとアタリをつけて刻字を見ると、造立編は万治3年(1660)11月とあった。初期型である。庚申塔の並びには手前に六地蔵があり、後ろに石仏が並ぶ。

Cimg3913

すぐ左隣にあるのが舟型光背型の地蔵立像。「丁巳干時表応元季 武州万念仏供養」とある。また「霜月十五 代々木同行14人」とあるので、造立年は他の石仏の時代に近いとすれば寛文7年(1667)か享保12年(1727)のどちらかであろう。

Cimg3914

その左には舟形光背型の地蔵立像、念仏供養塔がある。「為念仏諸衆二世安楽逆修菩提也」とあり、造立年は延宝5年(1677)11月。「武州豊嶋郡畑ヶ谷村」とある。

Cimg3915

更にその左には小さな地蔵群と、その脇に延享4年(1747)11月造立の丸彫の地蔵立像がある。これは台石に六十六部供養塔とあるので、当時誰かが巡礼の成就記念に建てたものであろう。清岸寺には多くの石仏があり、一度には紹介しきれないので、別途ご紹介したい。

場所  渋谷区幡ヶ谷2丁目36

|

« 清岸寺門前の石仏(渋谷区幡ヶ谷) | トップページ | 清岸寺の石仏【2】(渋谷区幡ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清岸寺門前の石仏(渋谷区幡ヶ谷) | トップページ | 清岸寺の石仏【2】(渋谷区幡ヶ谷) »