« 高松の庚申塔(豊島区高松) | トップページ | 西光院の石仏(板橋区南町) »

2020年4月20日 (月)

高松柳稲荷神社の地蔵(豊島区高松)

豊島区高松2丁目辺りは明治から大正時代まで前高松という小字であった。谷端川左岸のえびす通り(長坂道)は前高松で東に曲がり山手通り沿いのマルエツ辺りに向かっていた。前高松はえびす通りの北側に民家が集まっており、この辺りの地元農家の屋敷稲荷だったものを地域の神社にして創建したのが高松柳稲荷神社で、創建は大正9年(1920)である。

P1070537

高松柳稲荷神社の門前には立派な地蔵堂があり、丸彫の地蔵立像が祀られている。伝わるところによると、東の方の板橋との境近くにあったというから塞ノ神の役割もあったのかもしれない。しかし明治時代、大正時代の地図を見るとここから北西へ少し入ったところに石塔の印がある。そっちへ向かっても長崎村と板橋町の境になる。そこにあった石塔の今が気になった。

P1070538

地蔵尊の台石には「講中為二世安樂13人」とある。側面には延享4年(1747)の造立年が彫られている。神社にある説明板によると、昭和初期の高松は畑7割、野原3割で、藤畑や桐畑が広がっていた。高松小学校(高松2丁目57)の北西から湧出た小川には多くの動植物が棲み、洗い場もあちこちにあり、子供たちはその川の水を普通に飲んで生活していたらしい。

場所  豊島区高松2丁目30

|

« 高松の庚申塔(豊島区高松) | トップページ | 西光院の石仏(板橋区南町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高松の庚申塔(豊島区高松) | トップページ | 西光院の石仏(板橋区南町) »