« 密蔵院の庚申塔(大田区田園調布南) | トップページ | 根津神社の庚申塔(文京区根津) »

2020年5月22日 (金)

東光院の石仏(大田区田園調布本町)

密蔵院の北、新幹線を挟んだ先にある緑屋根の本堂が東光院。有慶山東光院といい寺名はない。寺の脇には六郷用水を模した水辺の公園が緑道に沿って伸びているが、この道は青梅奥多摩の材木を筏に組んで下った山人が六郷で荷を引き渡した後、山奥に向かって70㎞程の道を徒歩で帰った街道である。普通に歩いて15時間だが、当時の人々は3日ほどかけてゆっくり筏道を上流に歩いたそうである。

Cimg0181

東光院の山門手前の炉端には地蔵堂がある。文化財の記録にはないので、おそらくは最近のものだろう。丸彫の大きな地蔵菩薩と、輪光背のある小さめの地蔵菩薩が納まっている。その先にある山門はなかなか風格のあるものだ。

Cimg0187

境内にはポツポツと石仏があるが、目に入ったのはこの繊細な彫りの石仏塔。舟型で、千手観音の座像が彫られている。造立年やその他詳細は不詳だが、おそらくは江戸時代中期のものと言われている。塔の上部には日月が、また台石には二鶏が描かれており、庚申信仰との関係もありそうだが、いまひとつそうだと言い切れるものがない。しかし私はこれも庚申塔だろうと思っている。

場所  大田区田園調布本町35-8

|

« 密蔵院の庚申塔(大田区田園調布南) | トップページ | 根津神社の庚申塔(文京区根津) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 密蔵院の庚申塔(大田区田園調布南) | トップページ | 根津神社の庚申塔(文京区根津) »