« 志村第二公園の庚申塔(板橋区前野町) | トップページ | 青山の庚申塔(港区西麻布) »

2020年6月24日 (水)

板橋中央総合病院角の庚申(板橋区小豆沢)

道を歩いていて歩道の真ん中にポツンと庚申塔が立っていて驚いた。場所は板橋中央総合病院の角。現在の住居表示は小豆沢だが、江戸時代は小豆沢村と志村の村境だった場所である。志村というのは「志村坂上」とか「志村三丁目」という駅名から志村が地名だと思われがちだが、れっきとしたかつての村の名前である。

Dscn6760

高さは95㎝程の隅丸角柱型の文字塔で、青面中央には「奉造立庚申供養塔」とあり、脇に「武州豊嶋郡志村講中」とある。また側面にはそれぞれ、「右ハ 大山道」「左ハ 上いたはしみち」とある。その道標に私は混乱した。この場所から見ると大山道も上板橋宿も同じ方角だからである。しかしよく考えてみると、埼玉の方から大山道は続いていたわけで、この大山道は埼玉側を指すのだろうという結論に至った。しかし、事故などもなくここにずっと立っているとは大したものである。

場所  板橋区小豆沢2丁目19-7

|

« 志村第二公園の庚申塔(板橋区前野町) | トップページ | 青山の庚申塔(港区西麻布) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志村第二公園の庚申塔(板橋区前野町) | トップページ | 青山の庚申塔(港区西麻布) »