« 西台不動尊の庚申塔(板橋区西台) | トップページ | 板橋中央総合病院角の庚申(板橋区小豆沢) »

2020年6月23日 (火)

志村第二公園の庚申塔(板橋区前野町)

都営地下鉄三田線は旧中山道清水坂の脇で地上に出る。「清水坂」は赤羽台地と新河岸川の低地の間の崖線にある。この崖は今はなだらかになっているが元は20mの切り立った崖線だった。その壁から地下鉄が出てくる仕組みである。そんな都営三田線が地上に出た最初の駅、志村三丁目駅から南西に向かい、首都高速をくぐったところに小さな三角形の児童公園(志村第二公園)がある。Dscn6677

手前の鉄格子がちょっと気になるが、時代のある庚申塔3基である。一番右の小さな角柱も庚申塔。造立年は明和7年(1770)らしい。高さは57㎝、左右は道標になっていて、「右ハ はやぞミち」「左ハ  祢里まミち」とある。左は練馬道の意味だろうが、はやぞ道とは何だろう。中央正面には、「奉石橋建立庚申町講中二世安楽所」とあり、「武刕豊嶋郡東叡山領中臺村 願主向臺中」の銘がある。

Dscn6679

中央の駒型庚申塔が一番大きい。文政13年(1830)8月の造立。青面金剛像に二鶏、邪鬼、三猿の図柄。これも「武州豊嶋郡中臺村 向臺中」の銘があり、左右には「向左 祢りま乞り大山道」「向右 祢つは乞り吹上道」とある。清水坂を経て大山詣でのための大山道が繋がっているので、練馬を経て大山道の意だろう。しかし、右の吹上道はどこだろうか。埼玉県北部の吹上ではなく、ここは白子川の向こう、吹上観音への道の意だろう。

一番左の角柱は新しく、明治2年(1869)2月のもの。文字塔で「庚申塔」と書かれている。これも左右に道標があり、「向右 祢りまみち」「向左 かみいたばしみち」と書かれている。古地図を確認すると、この公園の場所は江戸時代から丁字路になっており、東は志村城址、南は中台村向台から上板橋へ、西は蓮根方面に延びていた。

場所  板橋区前野町5丁目56

|

« 西台不動尊の庚申塔(板橋区西台) | トップページ | 板橋中央総合病院角の庚申(板橋区小豆沢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西台不動尊の庚申塔(板橋区西台) | トップページ | 板橋中央総合病院角の庚申(板橋区小豆沢) »