« 上板橋子育地蔵尊(板橋区上板橋) | トップページ | 太宗寺の石仏(新宿区新宿) »

2020年7月 8日 (水)

新宿天龍寺の庚申塔(新宿区新宿)

新宿高島屋と新宿御苑に東西を挟まれた一角に都立新宿高校と天龍寺がある。高校と天龍寺の間にはかつての木賃宿、今は名前こそビジネスホテルだが一泊4000円ほどの怪しい宿が並んでいる。このごった煮感が新宿の醍醐味なのだが、新宿高校の生徒はそんなものには目もくれず、なかなか優秀な学校である。天龍寺の山門は立派なもので、江戸時代は内藤新宿の時の鐘を鳴らす寺といわれた。新宿は江戸から遠い為登城に時間がかかるため、江戸にあった8カ所の時の鐘のうち、この天龍寺の鐘のみが朝四半刻(30分)早く鐘を打っていた。また遊興地である新宿から客を追い出す鐘「追い出しの鐘」とも言われていたという。

Dscn1937

天龍寺の境内に入り本堂前を右に行くと墓所があり、その手前に三界万霊塔を挟んで六地蔵と庚申塔が並んでいる。六地蔵は元禄14年(1701)8月に造立されたもの。ただ統一性がないので、時代は前後したのかもしれない。向かって右手にある3つの古い石塔は3基とも庚申塔である。

Dscn1931

一番左はかなり摩滅していて年代は不詳。隅丸の角柱型のようである。青面金剛像があり、その下におそらくは三猿があったのだろうという凹凸がある。中央の庚申塔は駒型で、これも年代は不詳。上部の日月と青面金剛像は割と鮮明だが、下部の三猿はかなり摩滅している。さらに右端の庚申塔はほぼ完全に摩耗していて時代どころかデザインも不詳である。ただよく見てみると僅かに青面金剛像と三猿の凹凸は感じられる。形からして笠付角柱か笠付丸柱だったのではないだろうか。

場所  新宿区新宿4丁目3-19

|

« 上板橋子育地蔵尊(板橋区上板橋) | トップページ | 太宗寺の石仏(新宿区新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上板橋子育地蔵尊(板橋区上板橋) | トップページ | 太宗寺の石仏(新宿区新宿) »