« 子別れ地蔵(品川区五反田) | トップページ | 安楽寺の石仏(品川区西五反田) »

2020年7月30日 (木)

専修寺の庚申塔(品川区荏原)

桐ケ谷斎場の前の路地を入ると寺が並んでいる。手前から、霊源寺、専修寺、桐ケ谷寺、長應寺である。今回は専修寺を訪問、すべてがきれいなすがすがしい寺院。永禄2年(1559)に青山にて創建、天正19年(1591)に赤坂堀端へ、寛永2年(1625)に赤坂一ツ木へと引越しを重ねている。江戸が出来始めた時代で、武家屋敷の都合で移されたのだろう。その後は赤坂一ツ木に定着し、明治40年(1907)に桐ケ谷(西五反田6丁目11-5)へ移転してきた。TOCビルの裏手で現在は専修幼稚園がある。寺は比較的最近現在の場所に移って来たらしい。

Cimg0797

本堂にお参りをして、住職に庚申塔の場所を尋ねたら、墓所の奥だと教えてくださった。無縁仏の墓石がずらりと並び、一番手前に角柱の三界万霊塔がある。その両側に庚申塔と地蔵菩薩立像があった。右側の地蔵は角柱型で、造立年は大正14年(1925)と新しいもの。

Cimg0800

左側にあるのが角柱型の庚申塔。青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄だが、三猿が青面金剛像の足元の両側に1頭ずつ、邪鬼の下に1頭というデザインでとても珍しい。造立年は宝暦10年(1760)9月だが、このタイプは初めて見た。

ちなみに、赤坂のTBSの隣りのパークビル敷地に「専修寺旧跡之碑」があるようだ。専修寺は近衛歩兵の敷地として境内を提供したため、赤坂一ツ木から桐ケ谷へ移転したらしい。権力に振り回された歴史を持った寺である。

場所  品川区荏原1丁目1-3

|

« 子別れ地蔵(品川区五反田) | トップページ | 安楽寺の石仏(品川区西五反田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子別れ地蔵(品川区五反田) | トップページ | 安楽寺の石仏(品川区西五反田) »