« 瀧前町講中道標(目黒区下目黒) | トップページ | お猿橋庚申堂(品川区小山台) »

2020年7月21日 (火)

龍泉寺墓所の石仏(目黒区下目黒)

目黒不動から羅漢寺川暗渠右岸の道を西へ進むと、目黒不動尊龍泉寺の墓所がある。墓所の裏手は広い森で林試の森公園である。林試の森公園は明治時代から昭和中期まで林業試験場だった。それだけに様々な樹木があり勉強になる。そこに寄り添うように墓所が広がっている。

Cimg0709

墓所の入口にはあずま屋風の建物があり、舟型光背型の地蔵菩薩立像がある。寛文11年(1671)造立の見事な地蔵菩薩像で、「奉造立釈迦一尊敬具」とある。檀家さんはここで休憩したり墓参の準備をしたりする。

Cimg0710

その脇、道路側には上部に地蔵菩薩坐像の彫られた「三界萬霊」と書かれた石柱がある。すぐ北の、羅漢寺川対岸にある「滝前町講中道標」と似ていて、あちらは「法界萬霊」と書かれているが、造立年はこちらも明和5年(1768)で同年のものである。同じくこれも道標で、「右 こんひら道」「左 ゆうてんち道」とある。こんひらは金毘羅坂(目黒通り)にあった金毘羅宮の事である。ゆうてんちは無論祐天寺のこと。施主は門前の商家の名前で、瀧前町で同じなのでおそらく同じものを同時期に作ったに違いない。

Cimg0718

その近くには14体の石仏が壮観に並んでいる。左の6基は六地蔵。その横に寛永7年(1630)の勢至菩薩、元禄2年(1689)の阿弥陀、天和3年(1683)の聖観音立像と並ぶ。さらに、寛文4年(1664)の千手観音、寛文4年(1664)の馬頭観音、再建された十一面観音、とても珍しい不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)、聖観音像が並ぶ。中でも寛文4年の馬頭観音は馬頭観音の中でも極めて古いもので、「武州江戸三十間堀六町目」とあるので、現在の銀座にあったものである。

ここにはこれ以外にもお宝が沢山ありそうだが、今回はここまで。再探索したい。

場所  目黒区下目黒5丁目37

|

« 瀧前町講中道標(目黒区下目黒) | トップページ | お猿橋庚申堂(品川区小山台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀧前町講中道標(目黒区下目黒) | トップページ | お猿橋庚申堂(品川区小山台) »