« 龍泉寺墓所の石仏(目黒区下目黒) | トップページ | 朗惺寺の庚申塔(品川区小山) »

2020年7月22日 (水)

お猿橋庚申堂(品川区小山台)

武蔵小山駅の北側に都立小山台高校がある。その北側の路地にお猿橋庚申堂がある。高校の裏の道はかつて品川用水が流れていた筋。目黒区の品川用水の跡はきれいに道路として残っているところが多い。また林試の森公園の南側では小山台と目黒本町の町境にもなっている。お猿橋庚申堂はこの品川用水と深い係わりがある。

Cimg0727

写真の路地は品川用水の筋ではなくそれを横切る道筋である。この手前がアルファベットのKの形の交差になっていて、昔はそこにお猿橋という橋が品川用水に架けられていた。堂宇内の庚申塔は、もともと旧戸越村鎗ヶ先集落の人々が品川用水に沿ったお猿橋のたもとに建てたものだという。戦後、元あった場所の東側の現在の地に移されて堂宇に祀られたようだ。現在では品川区の有形民俗文化財になっている。

Cimg0723

堂宇内にあるのは板碑型の庚申塔で三猿のみの図柄。中央には「如等所行是菩薩道漸漸修学子孫悉富成佛」とあり、造立年は延宝2年(1674)2月とある。江戸時代初期のもの。江戸時代後期にはこの辺りは碑衾村になっていたはずである。品川用水はもともと熊本の細川家が下屋敷を戸越公園に立てるのに池の水が欲しいので引かせた用水路。贅沢なものである。

場所  品川区小山台1丁目21-17

|

« 龍泉寺墓所の石仏(目黒区下目黒) | トップページ | 朗惺寺の庚申塔(品川区小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 龍泉寺墓所の石仏(目黒区下目黒) | トップページ | 朗惺寺の庚申塔(品川区小山) »