« 松原庚申堂(狛江市和泉本町) | トップページ | 戸越中通の庚申塔(品川区平塚) »

2020年8月23日 (日)

吉中ハイツの庚申塔(品川区荏原)

東京都内でも有名なパルム武蔵小山商店街は東急目黒線武蔵小山駅から南東に延び、中原街道の平塚橋に出る。その平塚橋の手前のアーケードの終点で北から合流する別の商店街っぽい道があり、これを200mほど北上したところにある共同住宅の駐車場に変わった形の庚申塔がある。祀られているという雰囲気ではなく、玄関のオブジェのような感じで立っている。

P1070836

この吉中ハイツは1LDKの3階建てで、おそらくは一人住まいが殆どだろうと思う。大家さんが手入れをしなければ住民はしそうにない。この不思議な形の庚申塔は自然石でできていて、上部に「庚申」と彫られており、下部は陰刻で三猿が描かれている。造立年はどこにもなく、資料を探してみたが品川区の昭和後期の資料にも載っていない。

P1070835

この前の道は実はかつての品川用水が流れていた筋。品川用水はこの少し北の現在はスーパーのライフがある辻で大崎駅方面への分流がまっすぐに流れ、本流はこの道筋に南下してやがては現在の戸越公園(昔は三井財閥の邸宅、江戸時代前期は肥後熊本細川家の下屋敷)へ流れていた。品川用水の掘削目的の最も大きなものが細川屋敷の池に水を送ることだというのは大げさな話ではないだろう。

しかし不思議な庚申塔である。誰かが趣味で作った可能性も無きにしも非ずな気がする。

場所  品川区荏原2丁目15-2

|

« 松原庚申堂(狛江市和泉本町) | トップページ | 戸越中通の庚申塔(品川区平塚) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松原庚申堂(狛江市和泉本町) | トップページ | 戸越中通の庚申塔(品川区平塚) »