« 清光寺の庚申石仏(北区豊島) | トップページ | 明治時代の庚申塔(北区王子) »

2020年8月 9日 (日)

神谷庚申塔(北区王子)

東京メトロ南北線の王子神谷駅前に庚申堂がある。この庚申堂ゆえに、ここから東へ伸びる道は神谷橋庚申通りという商店街になっているが、一方通行の商店街をなんと路線バスが走る。東京でこういう道を路線バスが走るケースはあまりない。この道は古い道で、清光寺を経て、現在は荒川の川の中になっているが、当時はくねっていた旧荒川にあった六阿弥陀渡しで現在の足立区に繋がっていた(明治以降は豊島渡と呼ばれた)。この行基が一夜のうちに1本の木から刻み上げたという伝説の六阿弥陀のうち、北区内にあるのが、豊島の西福寺、西ヶ原の無量寺、田端の与楽寺の3寺。渡しの対岸が足立区江北の恵明寺(旧延命院)である。

Dscn2151

しかし23区内でこれほど大きな庚申塔の看板も珍しい。ちなみに神谷という地名は江戸時代の神谷村という地名から来ているが、神谷橋というのはどうも見当たらない。戦後開通した環七通りの橋が新神谷橋だが、なぜここが神谷橋なのかについては、元々そこには宮堀渡しがあり別名を神谷の渡しと呼んでいた。そこにでる運河(神谷堀)が現在の王子神谷駅のところにあり、それに架かる橋だったようだ。神谷堀は1970年代に埋め立てられ消えた。

Dscn2158

周辺の話題ばかりになってしまったが、ここの庚申塔は頑丈な堂宇に守られていて、格子戸の中にあり、格子の間から覗くことしかできない。板碑型の庚申塔で、造立年は寛文9年(1669)10月。文字のみで「奉供養庚申二世成就所  武州豊嶋之郡馬場村」とある。馬場村は王子神谷駅と清光寺の間にあった小さな村で、現在は豊島馬場遺跡公園がある辺りになる。そこには古墳時代の遺跡があり、方形周溝墓群があった場所である。

場所  北区王子5丁目20-30

|

« 清光寺の庚申石仏(北区豊島) | トップページ | 明治時代の庚申塔(北区王子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清光寺の庚申石仏(北区豊島) | トップページ | 明治時代の庚申塔(北区王子) »