« 新田神社の庚申塔(足立区新田) | トップページ | かぶとやの庚申(板橋区栄町) »

2020年9月25日 (金)

新田さくら公園前庚申塔(足立区新田)

新田の東側にあるさくら公園だが、以前はトーア・スチールという鉄鋼工場だった所。元々ここには東芝がやっていた東芝製鋼工場があり、1970年頃東伸製鋼となったのち、1987年にトーア・スチールと名を変えたが間もなく1999年には解散し工場は終わってしまった。おそらくは荒川と隅田川に挟まれた環境で水の確保が容易だったので製鉄業があったのだろうが、現在周辺はハートアイランドと呼ばれるマンション群になっている。

Cimg1136

さくら公園の角にパーキングがありその傍に堂宇がある。中を覗いてみると庚申塔が一基祀られていた。駒型の庚申塔で、寛延3年(1750)10月の造立。日月、青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄である。左面には「武州足立郡渕江領鹿浜新田」の銘が彫られている。このあたりは江北村だった時代もあり、今の新田橋辺りには野新田(やしんでん)の渡しがあった。

Cimg1138

野新田の渡しはかつて近郊の農産物の野菜を都内に運ぶ重要な渡しだった。というのも、大正13年には明治末から掘削された荒川放水路に水が通され、新田は孤立状態になった。その新田地区の重要な交通手段として隅田川に野新田の渡しがあったのである。新田橋は戦前に木橋が架けられたが、今の橋が1961年に架かるまで、野新田の渡しは続いたという。

場所  足立区新田3丁目33-1

|

« 新田神社の庚申塔(足立区新田) | トップページ | かぶとやの庚申(板橋区栄町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新田神社の庚申塔(足立区新田) | トップページ | かぶとやの庚申(板橋区栄町) »