« 八雲神社庚申塔(北区中十条) | トップページ | ゴミ置き場の庚申塔(北区神谷) »

2020年9月19日 (土)

柏木神社稲荷大明神石祠(北区神谷)

江戸時代の神谷村は小さな村だったが、荒川(現在の隅田川)の流域で田畑が広がっていた。明治に入って合併で岩渕町となり、終戦後王子区から北区となった。現在の環状七号線の北側、北本通りと京浜東北線の間が神谷という地域である。その神谷村の鎮守として元享年間(1321~1324)に創建したのが柏木神社である。かつては広い境内を有していたが、周辺に軍需工場が出来て土地を奪われ、現在の地に収まった。

Cimg1075

柏木神社の境内に稲荷宮がある。小さな石祠なのに大きな鳥居がアンバランスだが、この石祠が実は庚申講によるものというとても珍しいケースなのである。石祠の建立年は享保3年(1718)12月。笠(屋根)に「太」と彫られているのは何の意味なのか分からない。

Cimg1077

石祠の正面には「稲荷大神」と彫られ、左面には造立年と「右志者村中施主 〇〇」とある。右面には「武州神谷村」の銘があり、「奉供養庚申講中 諸願成就」の文字が見られる。江戸時代中期は村中が庚申講中で盛り上がっていたのだろう。庚申塔だけでなく、この年代にはこういう石祠や手水鉢、まれに狛犬にまで庚申講と彫られていることがある。

場所   北区神谷3丁目55-5

|

« 八雲神社庚申塔(北区中十条) | トップページ | ゴミ置き場の庚申塔(北区神谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八雲神社庚申塔(北区中十条) | トップページ | ゴミ置き場の庚申塔(北区神谷) »