« 自性院境内の庚申塔(北区神谷) | トップページ | 新田さくら公園前庚申塔(足立区新田) »

2020年9月24日 (木)

新田神社の庚申塔(足立区新田)

北区と足立区の区境は荒川と思われがちだが、実は隅田川である。荒川は明治43年(1910)の水害を機に、明治44年(1911)から昭和5年(1930)の19年を掛けて掘削された人工の川。したがってもともとの境は現在の隅田川である。もっとも北千住は足立区なので、そこから荒川と隅田川の分岐点である岩淵水門までの川の間の土地が足立区であるのは自然なこと。北千住から上流に向かうと、小台、宮城、新田となるが、その先の岩淵水門直前で、いきなり埼玉県川口市になり、その先では東京都北区になるという不思議な行政割をしている。

Cimg1128

新田神社は足立区突端の新田の西にある。新田神社は稲荷神社で、元禄10年(1697)の創建。戦災で焼失した本殿は戦後再建された。新田地区はまるで干拓地のような風景だが、明治時代以前に荒川は存在しないのでもともとは隅田川左岸だが、正保年間から元禄年間に鹿浜新田として開拓された新しい耕地であり、江戸時代は荒川を使って筏にして木材を上流から運搬する休憩地としても賑わっていた。

Cimg1131

新田稲荷神社の境内には当時の石仏が祀られている。左は駒型の庚申塔。日月、青面金剛像、邪鬼、三猿、二鶏が描かれており、邪鬼が仰向けになっている珍しいもの。造立は宝暦6年(1756)4月とあり、「武州足立郡渕江領鹿浜新田」の銘が彫られていた。いっぽう右側の大きい石塔は板碑型の日待供養塔で、造立年は貞享3年(1686)9月。新田ではまだ開発初期だった時代である。「奉供養己待講二世安樂所 敬白」とあるので、己待講(日待講)であることがわかる。また、「武刕下足立郡渕江領萱野新田」とあるので、当時カヤの産地となっていたと言われる地域のものだろうか。

場所  足立区新田1丁目18-2

|

« 自性院境内の庚申塔(北区神谷) | トップページ | 新田さくら公園前庚申塔(足立区新田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自性院境内の庚申塔(北区神谷) | トップページ | 新田さくら公園前庚申塔(足立区新田) »