« 平安地蔵(板橋区南常盤台) | トップページ | 姥ヶ橋延命地蔵尊(北区上十条) »

2020年10月 9日 (金)

常盤台の馬頭観音(板橋区南常盤台)

東武東上線ときわ台駅の南には天祖神社がある。このときわ台天祖神社の創建年代は不詳。旧上板橋村の鎮守であった。江戸時代の呼び名は神明社、明治になってから天祖神社と改めた。神社の鳥居前に南北に通る道は昔からある道で、「原」と「台宿」の境であった。この道は今も南常盤台1丁目と2丁目の境でもある。

Cimg0185

通り沿いに大村葬儀社という葬祭会社があるのだが、その店舗前に造られた堂宇に祀られているのが馬頭観世音菩薩の角柱である。造立年は比較的新しい。明治24年(1891)3月である。当時この辺りには片手程の民家しかなかった。ここから南に200mほど行くと川越街道の台宿があり、そちらがこの辺りのの中心だった。

Cimg0186

左上の補修箇所は戦災によるものだろうか。側面には願主 河原吉五郎とある。明治の馬頭観音のわりにはきれいに保存されている。しかし見ている間だれひとり立ち止まることもなかったのは少し残念である。

場所  板橋区南常盤台1丁目36-8

|

« 平安地蔵(板橋区南常盤台) | トップページ | 姥ヶ橋延命地蔵尊(北区上十条) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平安地蔵(板橋区南常盤台) | トップページ | 姥ヶ橋延命地蔵尊(北区上十条) »