« 奥沢神社の庚申塔(世田谷区奥沢) | トップページ | 大原不動堂の石仏(品川区豊町) »

2020年11月15日 (日)

緑が丘の庚申塔(目黒区緑が丘)

緑が丘駅は東急大井町線の自由が丘と大岡山の間にある。呑川の河岸段丘低地にあるので鉄道は高架になっている。したがってここからは東の東京工業大学方面に向かって上り坂であるし、自由が丘に向かっても上り坂である。緑が丘という地名は昭和になってから付けられたもので、元々は東工大キャンパスの丘陵あたりを中丸山、呑川流域の低地を谷畑下と呼んでいた。

P1080265

緑が丘の庚申塔は民家の敷地内にある。もし拝見する場合は礼儀を払う必要がある。元々昭和の初め頃には、中根小学校の辺りにあったものらしく、ここからは650mほど北になる。道路工事で動かされた挙句、近年はこのお宅に2体の地蔵と共に引き取られ安置されている。目黒区のパンフレットにも無断立ち入りをしないようにと記されていた。

P1080266

右の駒型庚申塔は元禄9年(1696)11月の造立。日月、青面金剛像、三猿のシンプルな図柄である。「武州荏原之郡衾村之内谷端」とある。谷端は谷畑のこと。中央の地蔵菩薩は舟型のもので、左の地蔵菩薩は丸彫だが、どちらも造立年は分からない。この3基の石仏がここに来たのは、平成17年(2005)とつい最近の事だそうだ。

場所  目黒区緑が丘1丁目10-17

|

« 奥沢神社の庚申塔(世田谷区奥沢) | トップページ | 大原不動堂の石仏(品川区豊町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥沢神社の庚申塔(世田谷区奥沢) | トップページ | 大原不動堂の石仏(品川区豊町) »