« 藤寺(伝明寺)の石仏(文京区小日向) | トップページ | 天明3年銘石造道標(品川区中延) »

2020年12月 7日 (月)

林泉寺のしばられ地蔵(文京区小日向)

茗荷谷駅の裏側にあるのが茗荷坂。下りきると拓殖大学がある。坂の途中にある林泉寺はしばらくの間工事をしていた。ようやく新しい本堂が完成して、近代的なビルの寺院になった。林泉寺は曹洞宗の寺院。慶長7年(1602)の開山である。

P1080476

本堂へは右の階段を上る。足の弱い年配者は正面玄関の中のエレベーターがある。ビルの寺院の良い所でもある。長い階段を上る必要はない。江戸時代の名奉行大岡越前の裁きに出てくるしばられ地蔵はここのものではなく、葛飾区東水元の南禅寺のしばられ地蔵だが、江戸市中ではここのしばられ地蔵も人気だったらしい。

P1080478

縄でぐるぐる巻きにされた地蔵尊が真新しいきれいな堂宇に祀られている。ここはビルの屋上の一角である。説明板によると「人々が願いをかけるとき地蔵尊を縄で縛り願いが叶うと縄をほどく風習からしばられ地蔵と呼ばれた。」とある。ただこのしばられ地蔵尊は新しいもので、古いものは別のところに保管してあった。

P1080481

古いしばられ地蔵は布で巻かれ、「初代しばられ地蔵:四百年以上前のお地蔵様です。現在修復中に付きお手を触れないでください。」と張り紙。大岡裁きの地蔵の話というのは、「昔、呉服屋の手代が地蔵様の前で休み居眠りをしているうちに反物を盗まれてしまった。大岡奉行は石地蔵が怪しいと言って地蔵を荒縄で縛り奉行所に運んだので、物見高い見物人が一緒に奉行所内に入ってしまった。許しもなく入った人々に罰として3日以内に反物を持ってこいと命じたら、その中に盗品が見つかり犯人は検挙された。」という見事な裁きである。江戸の街は楽しそうである。

場所  文京区小日向4丁目7-2

|

« 藤寺(伝明寺)の石仏(文京区小日向) | トップページ | 天明3年銘石造道標(品川区中延) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤寺(伝明寺)の石仏(文京区小日向) | トップページ | 天明3年銘石造道標(品川区中延) »