« 子育地蔵堂(北区浮間) | トップページ | 浮間渡船場跡の石仏(北区浮間) »

2021年2月 9日 (火)

さくら荘前庚申塔(北区浮間)

線路脇の子育地蔵堂からまっすぐに南下する。この道は江戸時代からある道で、南に進み川岸まで行くと浮間の渡しに至る。現在は巨大なマンションが開発されて元の道は途中から消えてしまっているが、商店街の名前は庚申通り商店街と呼ぶらしい。

P1010451

北浮間郵便局の交差点から南へ30m程行ったところに、庚申塔が1基ある。南隣は区立特別養護老人ホームさくら荘である。野ざらしの割にはよい石材を使っているのか摩滅や風化が殆どないのは大したものである。庚申塔は駒型で、日月、青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄、造立年は寛政11年(1799)4月とある。

P1010452

実はこの庚申塔、昔は30m北の北浮間郵便局(浮間3丁目19-1)のところにあった砂岡家の宅地内にあったもの。郵便局の建設に伴い敷地買収が発生し、このさくら荘の敷地の角に移転してきたのである。(郵便局のところに倉庫がありそこにあったという説もある)

場所  北区浮間3丁目11-26

|

« 子育地蔵堂(北区浮間) | トップページ | 浮間渡船場跡の石仏(北区浮間) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子育地蔵堂(北区浮間) | トップページ | 浮間渡船場跡の石仏(北区浮間) »