« 染井通り民家の庚申塔(豊島区駒込) | トップページ | 円勝寺の石仏(北区中里) »

2021年2月25日 (木)

妙義神社の庚申塔(豊島区駒込)

久しぶりに駒込の妙義神社を訪問して驚いた。妙義神社が壊されていると思った。しかし冷静にその先を見るとコンクリートの擁壁の上に輝くような社殿の一部が見えたのである。隣りとはいえ神社の移転を見られるのは極めてレアなこと。

Cimg1939

もとの妙義神社は上の写真で、社殿は3mほど高い土地の上に立っていた。ところがこの場所は更地になっており、マンション建設と思われる工事が進んでいるのである。しかし、その先には真新しい擁壁の境内が作られていた。神社の北にはかつて谷田川が流れており広い谷を形成し、妙義神社の前は下の谷と呼ばれ、谷田川に注ぐ細流が削った小ぶりな谷地形である。神社はその高低差をうまく使って建てられている。

Cimg1084

こちらは今の神社の姿である。擁壁の上にはきれいな神殿がある。こちらに移ったのは令和2年(2020)8月とのこと。もともと日本武尊伝説に始まり白雉2年(651)創建と伝えられ1300年の歴史を謳っているが、太田道灌との関係も深く、移転した石塔石仏は太田道灌霊社脇に祀られている。

Cimg1085

右端の角柱は由来碑のようである。「延宝年間既有之、明治五壬申年水無月従奮奮地遷宮標▢、稲荷明神、天満宮祠、弁財天」と書かれている。明治5年にどこから移したのだろうか。中央の自然石は歌碑、その向こうにあるのが板碑型の庚申塔である。

Cimg1090

この板碑型の庚申塔は造立年が寛永19年(1642)霜月(11月)と都内でも有数の古さで、板碑を除くと豊島区では最古である。引越し前も末社の道灌霊社の脇にあった。正面には、「奉造建庚申供養之佛塔也」とあり、駒込村の銘も読める。駒込村の農民が400年近く前に協力して建立したものである。昭和40年(1965)に神社の復興工事が行われた際に境内土中より発見されたものである。説明板によると、『新編武蔵風土記稿』には「末社稲荷庚申・寛永寛文の碑にあり是を神体とす」と書かれているが、寛文の庚申塔は戦災で破壊され失われたと書かれている。

場所  豊島区駒込3丁目16-1

|

« 染井通り民家の庚申塔(豊島区駒込) | トップページ | 円勝寺の石仏(北区中里) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 染井通り民家の庚申塔(豊島区駒込) | トップページ | 円勝寺の石仏(北区中里) »