« 覚願寺の石仏(世田谷区上野毛) | トップページ | 善養寺の石仏(世田谷区野毛) »

2021年4月11日 (日)

六所神社の庚申鳥居(世田谷区野毛)

野毛には野毛大塚古墳がある。前方後円墳の前方が無くなったものだが、都内でも有数の大きさの古墳である。野毛という地名だが、もとは上野毛と下野毛だったのが、「下」という文字を嫌ったのか、今の住居表示は野毛となっている。多摩川対岸の川崎市にも下野毛があり、かつて多摩川が川筋を大きく変化させてきた名残りである。

Cimg1475

野毛の六所神社は国分寺崖線の崖上にある。境内からの川崎方面の眺望もよい。大昔多摩川が洪水の折に御輿の中に守られて府中大國魂神社の三宮のご神体が明神坂辺りに漂着したのが始まりと伝えられる。明治時代に現在の野毛に移された。六所というのは、大宮、秩父、秋留その他の神社を巡礼するのは大変だからと一ヶ所に集めたことによる名前らしい。

Cimg1484_20210408203601

Cimg1482
神社を台地上の側から訪問するところにある比較的新しい鳥居が本殿脇にある。そこには谷戸庚申講中とあり昭和6年(1931)10月の建之とある。谷戸という地名(小字)については、かつての下野毛村は上谷戸、下谷戸、東、西、岸、大原、谷川、上河原、下河原、三谷という小字からなっており、おそらくは上谷戸と下谷戸の集落の講中だろうと思う。

Cimg1480

Cimg1478

境内の小さな社の前の鳥居にも「総氏子中」と並んで「谷戸庚申講中」とあり、これもまた同じ庚申講中による鳥居である。造立年は文政10年1827)初冬とあるので、おそらくこの辺りではいろいろな講中が盛んで、中でも庚申講が中心的な存在だったのだろう。明神坂の坂下に昔あった大きな池は明神池と呼ばれたが、この明神とは明治31年まであった六所神社のことを意味している。

場所  世田谷区野毛2丁目14-2

|

« 覚願寺の石仏(世田谷区上野毛) | トップページ | 善養寺の石仏(世田谷区野毛) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 覚願寺の石仏(世田谷区上野毛) | トップページ | 善養寺の石仏(世田谷区野毛) »