« 小松原阿弥陀堂の石仏(板橋区成増) | トップページ | 峽下地蔵堂(板橋区成増) »

2021年4月25日 (日)

スカウトの森の庚申塔(板橋区成増)

日本ボーイスカウト東京連盟城北地区板橋第5団のあるスカウトの森という小さな丘陵緑地がある。丘陵下の南北の道はもともと小井戸川という小さな沢沿いだった。源頭は川名と同じ小井戸坂のやや南で、その傍には昭和45年(1970)の交番襲撃事件で、日本共産党の過激派3人が警官の銃を奪う目的で交番を襲ったのを記憶されている人もいるかもしれない。ボーイスカウトとは天と地の差の人間性が同じ地域にあったことにいささか驚く。

Cimg1614

ボーイスカウトは若者が社会で役立つための精神と肉体の使い方を教えるスカウティングを実践する団体で、野外活動を主とする。アメリカでは1900年代初頭から始まり、日本では20年後くらいに入ってきた。ただ日本人のスカウト参加者は少なく、私の時代でもクラスに一人いるかいないかくらいだった。10才迄はカブスカウト、その上がボーイスカウトで、私は若い頃「下部スカウト」だと勘違いしていた。

Cimg1620

余談はこれくらいにして庚申塔はこのスカウトの森の杣道の出入り口脇にある。角柱型の文字塔で、正面には大きく「庚申塔」と書かれている。その脇には「天下泰平 国土安穏」とあり、左面には文化2年(1805)3月の年紀がある。右面には「右 しらこみち 成増村講中」と書かれている。この道筋は南北は沢筋なのでもともと道はなく、東西に道があったのではないだろうか。ここを西に進むと川越街道の新田宿に出てすぐに白子になる。

場所  板橋区成増4丁目13-20

|

« 小松原阿弥陀堂の石仏(板橋区成増) | トップページ | 峽下地蔵堂(板橋区成増) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小松原阿弥陀堂の石仏(板橋区成増) | トップページ | 峽下地蔵堂(板橋区成増) »