« 宝泉寺の石仏(中野区中央) | トップページ | 谷戸小学校の庚申塚(中野区中野) »

2021年4月 7日 (水)

北原神社の庚申塔(中野区上鷺宮)

中野区上鷺宮は西武新宿線鷺ノ宮駅の北西に広がる地名で、当然ながら鷺宮の北にあるので上鷺宮。しかし近年「下」とつく地名がかなり消えていることには危機感を覚える。下井草はあるものの当然下鷺宮はない。鷺ノ宮駅の南側は白鷺という地名であるが、これは昭和中期に作られたもの。鷺宮はもっと広かった。しかし現在若宮と呼ばれるあたりが昔は下鷺宮だった。

Img_2078

北へ戻って上鷺宮二丁目のかつて北原と呼ばれていたあたりに北原(きたっぱら)神社がある。ローカルな地名がそのまま神社というのはあまり多くない。境内はきれいに管理されていて、地元の人々の大切な神社であることは容易に想像できる。

Img_2080

その境内の一角に笠付角柱型の庚申塔が祀られている。造立年は明和8年(1771)10月。日月、青面金剛像、邪鬼、二鶏、三猿が陽刻されていて、右面には「奉造立青面金剛講中二世安樂所」「是ヨリ右 ぬくい道」とあり、左面には「是ヨリ左 やくし道」と書かれている。その下には「鷺宮村講中三拾人  願主 篠篠勝右衛門」とあった。やくし道というのは新井薬師を指し、ぬくい道は現在の西武池袋線中村橋駅の北西に広がる地名貫井である。

場所  中野区上鷺宮2丁目23-4

|

« 宝泉寺の石仏(中野区中央) | トップページ | 谷戸小学校の庚申塚(中野区中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝泉寺の石仏(中野区中央) | トップページ | 谷戸小学校の庚申塚(中野区中野) »