« 中尾観音堂の石仏(板橋区徳丸) | トップページ | 天神坂下の庚申堂(板橋区徳丸) »

2021年5月25日 (火)

宮下大山不動明王碑(板橋区徳丸)

徳丸6丁目の前谷津川緑道の植込みに古い石塔が立っている。傍には説明板が立っていて、その謂れを教えてくれる。その題は『前谷津川と宮下大山不動明王』。ここにはその名の通り前谷津川が流れていた。前谷津川は多くの支流を集めて荒川に注ぐ5㎞程の小河川。この石碑はもともと現在地の約15m上流にあった宮下橋のたもとにあった。

Cimg2002

この碑は文化元年(1804)4月に、徳丸の羽黒山講中という集団が、霊山大山参拝を記念して造立したもの。もともとはこの上に不動明王像が載っていたようだが、大水や開発によっていつしか消えてしまったという。後に近くの民有地に建てられていたが、そこが開発となり平成17年(2005)4月にこの場所に移転した。

場所  板橋区徳丸6丁目7-6

|

« 中尾観音堂の石仏(板橋区徳丸) | トップページ | 天神坂下の庚申堂(板橋区徳丸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中尾観音堂の石仏(板橋区徳丸) | トップページ | 天神坂下の庚申堂(板橋区徳丸) »