« 丸久保馬頭観音(練馬区平和台) | トップページ | 民家門前の馬頭観音(練馬区平和台) »

2021年6月29日 (火)

植込みの馬頭観音(練馬区平和台)

丸久保馬頭観音の先の路地を曲がり、200m程進むと、道の北側にきれいに手入れされた生垣の家がある。生垣の先が切れたところに低めの樹がとてもきれいに刈ってある。

Cimg2275

このマリモのような植木の間を覗いてみると、そこには馬頭観音がある。正面には「馬頭観世音」と大きく書かれた角柱型の石仏。背面には、「昭和14年(1939)6月3日  細川よし子」と記されている。

Cimg2274_20210626203801

この庭のお宅は細川家。おそらくその先代か先々代が建てられたものだろう。この辺りは当時はまだ23区ではなく「練馬町」に属していた。戦前の住所は練馬仲町5丁目、大正時代は下練馬村丸久保であった。戦前はまだ牛馬に頼る生活だったために、周辺には沢山の馬頭観音が残っている。これもその一つである。

場所  練馬区平和台4丁目14-1

|

« 丸久保馬頭観音(練馬区平和台) | トップページ | 民家門前の馬頭観音(練馬区平和台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丸久保馬頭観音(練馬区平和台) | トップページ | 民家門前の馬頭観音(練馬区平和台) »