« 影山の森の馬頭観音(練馬区大泉学園町) | トップページ | 東新田の馬頭観音(練馬区大泉学園町) »

2021年6月12日 (土)

東新田の石仏群(練馬区大泉学園町)

東新田というのは小榑村時代の小字。昔は荒れ地を開墾したりして田圃を作ると新田という地名を付けた。小榑村には南部に前新田という地域があり、北部には東新田、西新田があった。西新田、東新田辺りは周辺の台地よりも若干低くなっており、江戸時代は米作も行われていただろうが明治以降は民家が増えた地域である。現在は南北に大泉学園通りが通り、大泉学園緑小学校東の交差点から東西に延びる古い商店街の辻に石仏が並んでいる。

P1080903

左端は平和観音で昭和48年(1973)3月の建立。台石正面に「平和観音」、側面に建立年と施主加藤はなと書かれている。その隣の題目塔のさらに右の地蔵が交通安全地蔵。昭和47年(1972)12月の建立でこれも新しい。施主は加藤エイ(金ヘンに栄と書く)一。後ろの燈籠との間胃にあるのは光背型の水子地蔵でこれが正和53年(1978)春彼岸とあるのでもっとも新しい。これも同じ施主で加藤エイ一氏。

P1080912

ただ、中央の題目塔だけは古い歴史があるようで、享和2年(1802)7月の造立とある。正面には「南無妙法蓮華経」とあり、武刕(新座郡)小榑村の銘がある。そして側面にある文字が「先祖代々 祖父 自信院常唱霊菩提 施主 加藤▢倅 文五郎」とあるのでこれも加藤氏である。小榑村では加藤氏が多く中心的存在で、南大泉にある妙福寺、西大泉の本照寺、東大泉の妙延寺がそれぞれの地区の菩提寺だったという。民間信仰では題目講が盛んで、「自我経(じがげ)」という題目を唱えていたようだ。

場所  練馬区大泉学園町4丁目24-5

|

« 影山の森の馬頭観音(練馬区大泉学園町) | トップページ | 東新田の馬頭観音(練馬区大泉学園町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 影山の森の馬頭観音(練馬区大泉学園町) | トップページ | 東新田の馬頭観音(練馬区大泉学園町) »