« 下今井稲荷神社の庚申塔(江戸川区江戸川) | トップページ | 西光寺の塩舐地蔵(江戸川区江戸川) »

2021年9月20日 (月)

あみ弁の青面金剛碑(江戸川区江戸川)

船宿あみ弁はそこそこ大手の船宿だろう。江戸時代から江戸前の舟遊びは江戸っ子の粋な遊びだった。それは今も続いているのだが、昨今のコロナ騒動で品川の舟清という船宿の屋形船で個人タクシー協業組合の宴会からクラスターが出たといううわさ話が出回り、船宿業界は壊滅的なダメージを受けた。それでも頑張っているのは船宿の持つ歴史にも一因があると思う。

Dscn4575

あみ弁も9代続く老舗の船宿。江戸屋形船組合の組合長をしているらしい。私も屋形船での宴会の経験があるが、あの粋さは何とも言えない。舟の中は無礼講という言葉が似合うし、街の酒場で飲むのとはまったく異なるものがある。コロナで緊急事態宣言が出ている間は多くの船宿が休んでいるが、頑張って復活してもらいたい。そんな江戸川のあみ弁の民宿玄関の室外機前に石塔がある。

Dscn4577

板石型というか自然石型というか、その正面に「青面金剛」と彫りこまれている。右側面には「右 行徳道」、左側面には「左 江戸道」と書かれている。年紀等は分からない。船宿の歴史からして、江戸時代からあったものだろうか。

場所  江戸川区江戸川4丁目20-8

|

« 下今井稲荷神社の庚申塔(江戸川区江戸川) | トップページ | 西光寺の塩舐地蔵(江戸川区江戸川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下今井稲荷神社の庚申塔(江戸川区江戸川) | トップページ | 西光寺の塩舐地蔵(江戸川区江戸川) »