« 河原渡場道の庚申塔(江戸川区篠崎町) | トップページ | 上本郷の庚申塔(江戸川区上篠崎) »

2021年10月23日 (土)

東光寺浄苑の庚申塔(江戸川区篠崎町)

江戸川区篠崎町に東西に延びる本郷用水跡の本郷用水親水緑道の少し北に墓苑がある。入口に「篠崎東光寺浄苑」とあり寺そのものはない。東光寺跡らしいが周辺に東光寺が存在しないので廃寺だろうと古い地図を見ていると、300mほど北に寺のマークがある。現在の住居表示では篠崎町1丁目37番にあたる。1900年以降の地図にはないので明治の前期には廃寺になったのだろう。現在の墓苑からその寺の位置まで、当時は民家もほとんどなかったようだから、広い境内の一部が残ったということだろうか。

Cimg3371

墓苑は整備されておりとてもきれいである。墓地の中程に無縁仏塔が一塊になっており、その中に庚申塔と思われる石塔が見いだせる。

Cimg3373

西側には大日如来の梵字がありその下に「庚申▢…」とあるが下部は見えない。裏に回ってみると「宝暦14年(1764)」という文字がかろうじて確認できる。塔型は山状角型で、下部に三猿があるかないかなどは全く分からない。この辺りは昔上篠崎本郷と呼ばれた地域で、本郷用水の名前の由来の地名である。篠崎街道の前身である河原道はこの辺りをくねりながら南北に走っており、西側はひろい水田地帯だった。

場所  江戸川区篠崎町1丁目41-24

|

« 河原渡場道の庚申塔(江戸川区篠崎町) | トップページ | 上本郷の庚申塔(江戸川区上篠崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河原渡場道の庚申塔(江戸川区篠崎町) | トップページ | 上本郷の庚申塔(江戸川区上篠崎) »