« 不動堂脇の石仏(大田区南馬込) | トップページ | 平張の庚申塔(大田区南馬込) »

2021年11月 4日 (木)

南馬込の富士講燈籠(大田区南馬込)

旧小字名の残る平張稲荷神社の北、東谷北野神社の南の昔からの村道の傍らに小さな緑地があり、富士講燈籠がある。この場所はかつての尾根筋で、北方向も東方向も西方向もすべて下り坂になる。この富士講燈籠は文政7年(1924)に馬込村の富士講の人々が中心になって建立したもの。彼らは「東のお燈籠」と呼んでいたようだ。左の富士講碑は明治20年(1887)に造立されたもの。こちらにも多くの講員の名前が記され、馬込村の大半が参加していたようだ。

Cimg3459

道標と常夜燈を兼ねている。台石には寄進者の名前が100人以上も刻まれている。その中には萬福寺も世話人として入っており、富士登山の際には、東谷北野神社に参籠し、この燈籠の前で祈願をしてから富士山へと旅立ったという。台石にある石工名は石工清三郎。道標は「北 品川道 馬込村、南 池上道」とある。

場所 大田区南馬込2丁目25-16

|

« 不動堂脇の石仏(大田区南馬込) | トップページ | 平張の庚申塔(大田区南馬込) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不動堂脇の石仏(大田区南馬込) | トップページ | 平張の庚申塔(大田区南馬込) »