« 赤塚新町川越街道の庚申塔(板橋区赤塚新町) | トップページ | 勝俣商店前庚申塔(練馬区田柄) »

2021年11月13日 (土)

田柄三叉路の庚申塔(練馬区田柄)

田柄4丁目を東西に走る道路は豊島園通りと書かれていたが、豊島園はずっと南にあったので何故だろうと不思議に感じた。調べてみるとどうも川越街道から南西に延びる道が田柄で南に向きを変え、南下して春日町を経て豊島園に至る通りになっていた。しかし豊島園が閉園してしまったので、この名前も変わるかもしれない。というのもこの通りは昭和時代は田柄西通りと呼ばれていたのだが、いつしか豊島園通りになった経緯があるからである。

Cimg3605

田柄4丁目のファミリーマートのある三角地帯の角の植込みの中に一基の庚申塔がある。駒型の庚申塔で、造立年は元禄12年(1699)11月と路傍の庚申塔の割には古く、それでも保存状態が良い。高さは108㎝ほどあり、日月、青面金剛像、邪鬼、三猿、二鶏が描かれている。状態は比較的よく、文字も読み取れる。

Cimg3608

尊像脇には「一基諸願 成就祈所 奉造立庚申」と書かれており、「上練馬内田柄村 同行十一人」と刻まれている。この三差路にはもう一本北西に向けて分かれる路地があり、全体ではアルファベットのKを左に倒したような辻になっている。この道筋は江戸時代から同じで、この辻の北エリアは北神明、南東側は少し標高が低いので神明谷戸という字だった。江戸時代からこの辺りには農家がある程度集まっていたようだ。

場所  練馬区田柄4丁目34-6

|

« 赤塚新町川越街道の庚申塔(板橋区赤塚新町) | トップページ | 勝俣商店前庚申塔(練馬区田柄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤塚新町川越街道の庚申塔(板橋区赤塚新町) | トップページ | 勝俣商店前庚申塔(練馬区田柄) »