« 一里塚子育地蔵(練馬区春日町) | トップページ | 中ノ宮の馬頭観音(練馬区春日町) »

2021年11月27日 (土)

中ノ宮の廻国供養塔(練馬区春日町)

都営大江戸線春日町駅周辺は現在は春日町だが、この地域の古い地名は中ノ宮という。東中ノ宮、中ノ宮、西中ノ宮という地域があった。現在も春日町と光が丘の中間に練馬区立中ノ宮竹林公園があるが、その辺りが中ノ宮の西の端だったようだ。江戸時代中ノ宮には名主の家や高札場、郷蔵などがあり、村の中心だった。

Cimg3807

村の中心だった春日町駅付近から東へ住宅地の中の路地を進む。300m余り進んだ路地の丁字路に駐車場と車庫の間のくぼみがあり、そこに角柱型の石塔が立っている。六十六部廻国供養塔である。正面には「奉納大乗妙典六十六部日本回国供養塔」とある。

Cimg3812

造立年は文化6年(1809)10月、「武州豊嶋郡練馬村海老ヶ谷戸 行者 篠田淺右衛門」と記されている。海老ヶ谷戸は上練馬村の字名で、上練馬村には中ノ宮、海老ヶ谷戸、尾崎などの地域があった。現在の春日町1丁目の東から南にかけてが当時の海老ヶ谷戸である。海老ヶ谷戸の南側は石神井川の低地で米作が盛んだった。

場所  練馬区春日町1丁目26-8

|

« 一里塚子育地蔵(練馬区春日町) | トップページ | 中ノ宮の馬頭観音(練馬区春日町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一里塚子育地蔵(練馬区春日町) | トップページ | 中ノ宮の馬頭観音(練馬区春日町) »