« 吉祥院の石仏(足立区本木西町) | トップページ | 皿沼稲荷神社の庚申塔(足立区皿沼) »

2022年1月23日 (日)

扇御嶽神社の庚申塔(足立区扇)

扇御嶽神社は吉祥院の山門近くにある小さな神社。吉祥院があるのは本木西町だが御嶽神社は扇に属している。昭和の中頃までは扇も本木の一部だったが、昭和49年(1974)に本木町の一部と北宮城町などが新たに扇という地名でまとめられた。扇はもともとあった地名ではない。どうりで扇と名前の付いた史跡がないわけである。

Dscn4953

御嶽神社の創建は寛永16年(1639)と意外に古い。この辺りは昔から本木村であった。現在の社殿は昭和63年(1988)に建立したもので、鉄筋コンクリート造りの倉庫の上に社殿が建てられている。庚申塔はこの社殿の右、屋上と呼ぶかベランダと呼ぶか迷う場所にある。

Dscn4947

左にあるのが水神(水天宮)の石碑、右が駒型の庚申塔である。かなり摩滅が進んでいるが、日月、青面金剛像、邪鬼、三猿が描かれ、青面金剛はショケラを下げている。造立年は寛政5年(1793)2月。台石には「本木村 寺地」という銘がある。寺地というのは辺りの小字だろうか。

場所  足立区扇1丁目28-17

|

« 吉祥院の石仏(足立区本木西町) | トップページ | 皿沼稲荷神社の庚申塔(足立区皿沼) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉祥院の石仏(足立区本木西町) | トップページ | 皿沼稲荷神社の庚申塔(足立区皿沼) »