« 吉祥院阿弥陀堂の石仏(足立区扇) | トップページ | 善応寺の石仏(足立区興野) »

2022年1月18日 (火)

興野庚申堂(足立区興野)

足立区興野は古くは興野村という村だった。現在の興野は興野村の南半分だが、善応寺と興野神社を中心にした農村であった。興野地区の西寄りの三叉路に興野西庚申堂プチテラスというものがあり、わずかな広場に庚申堂がある。足立区は所々にプチテラスというのを設けているが、区には設置要綱もあり20㎡~300㎡の広場という設定のようだ。

Dscn4821

庚申堂の外側にも1基の石碑がある。これは自然石で造られたもので順礼供養塔。「月山湯殿山羽黒山 三所大権現 西國坂東秩父百番 諸国神社佛閣拝禮」とあり「奥野邑 内田儀左衛門」という銘がある。造立年は天保12年(1841)5月。奥野邑というのは興野村のことだが、江戸時代はもともと奥野村と言っていたのが後に興野村に変わったという説もある。

Dscn4822

庚申堂の中には3基の石仏石碑がある。左のシンプルな角柱型は供養塔。「奉読誦普門品一万巻供養塔」と正面に書かれている。普門品(ふもんぼん)というのは法華経の代表的なお経である。この供養塔の造立年は安永3年(1774)3月。

Dscn4836

中央の駒型庚申塔はその基壇にあるダイナミックな三猿が特徴的。正徳4年(1714)10月の造立で、日月、青面金剛像、邪鬼、二鶏、三猿が描かれている。左側面には「奉納庚申爲二世安樂也」とあり、下部には13人の施主名がある。右の板碑型庚申塔は古いもので、寛文10年(1670)9月の造立。中央に三猿が大きく陽刻されているが、その上には「奉納庚申供養」という文字が刻まれている。台石には蓮の花葉が描かれており時代を感じさせるものである。

場所  足立区興野2丁目30-1

|

« 吉祥院阿弥陀堂の石仏(足立区扇) | トップページ | 善応寺の石仏(足立区興野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉祥院阿弥陀堂の石仏(足立区扇) | トップページ | 善応寺の石仏(足立区興野) »