« 阿弥陀院の庚申塔(足立区鹿浜) | トップページ | 宝蔵寺の石仏(足立区鹿浜) »

2022年1月29日 (土)

マクドナルドの庚申塔(足立区鹿浜)

マクドナルドのドライブスルー店舗の一画に庚申塔がある。この組み合わせは極めて稀で、地主さんがかなりしっかりした意志をお持ちでないと幸はならないだろう。昭和以降の話をすると、鹿浜のこの辺りは舎人ライナーが出来るまでは最寄り駅までが遠い地域で、一番近い大師駅(新井大師用の駅)でも2㎞以上、その他は3㎞以上で不便なところだったが、今は舎人ライナーの西新井大師西駅が1㎞程の所に出来た。

Cimg4386

写真の中央下に小さな堂宇がありその中に2基の石仏が祀られている。鹿浜四丁目交差点は自転車に子供を乗せた女性がひっきりなしに通る賑やかな住宅街の要である。庚申塔と戦後高度成長期のブランドのユニークなコラボが面白い。

Cimg4383

右にあるのが駒型の庚申塔。日月、青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄で、かなり傷んでいる。造立年は享保19年(1734)12月。右側面には「奉造立青面金剛庚申橋供養尊」とあり、左側面には「武州渕江東叡山領鹿浜邑講中建」とあるので、鹿浜村は上野寛永寺の寺領だったのだろうか。

Cimg4384

左には角柱型の地蔵菩薩。 側面に紀年があり、享保19年(1734)3月とあり、隣の庚申塔とほぼ同じ時期。側面には「鹿浜村橋講中」「念仏講中 拾五人」とある。庚申塔にも橋講中とあったが、この辺りは昔、沢山の用水路が巡らされていた。100mほど東にあったのが中堰悪水落という用水路、200m西に在ったのが神領堀西堀という用水路。これらを代表に沢山の用水があり、それらには橋が架けられておりその通行の安全を祈願するものであろう。実際に私の生まれ育った故郷にもそんな用水路が沢山あり、落ちたことも何度かあったものである。

場所  足立区鹿浜4丁目29-6

|

« 阿弥陀院の庚申塔(足立区鹿浜) | トップページ | 宝蔵寺の石仏(足立区鹿浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阿弥陀院の庚申塔(足立区鹿浜) | トップページ | 宝蔵寺の石仏(足立区鹿浜) »