« 分れ道の庚申と地蔵(練馬区貫井) | トップページ | 地蔵堂北真教会の石仏(練馬区貫井) »

2022年2月16日 (水)

須賀神社の庚申塔(練馬区貫井)

東高野山道にはいくつもの石仏があって興味深い。目白通りに近づいた分岐点に赤い鳥居の須賀神社があるが、須賀神社の文字はどこにもない。三角地の小さな神社で、小さな祠がある。練馬区の神社の資料にもリストアップされていないので、郷の小さな祠扱いだろうか。

P1090214

鳥居の右側が東高野山道である。右へ進むと、須賀神社の境内の端に三角のスペースがあり、笠付角柱型の庚申塔が立っている。堂宇はない。造立年は元禄15年(1702)11月である。

P1090218

日月、青面金剛像、二鶏、邪鬼、三猿の図柄で左手に何か持っているがショケラではなさそう。右脇には「奉造立庚申像二世安樂祈所」「武刕豊嶋郡上練馬内貫井村」、左脇には「願主十二人謹言」とある。

場所  練馬区貫井4丁目40-3

|

« 分れ道の庚申と地蔵(練馬区貫井) | トップページ | 地蔵堂北真教会の石仏(練馬区貫井) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分れ道の庚申と地蔵(練馬区貫井) | トップページ | 地蔵堂北真教会の石仏(練馬区貫井) »