« 大日如来虚空蔵菩薩下の堂前墓所の石仏(練馬区高松) | トップページ | 小沢家の馬頭観音(練馬区高松) »

2022年3月23日 (水)

清戸道と庚申塔(練馬区高松)

清戸道という古道は現在の文京区江戸川橋から西へ伸びる街道である。松尾芭蕉が水道工事の監督をするのに住んでいた関口芭蕉庵の近くから、目白坂を上り椿山荘前で現在の目白通りの筋が清戸道の始まり。ほぼ目白通りと同じ道筋で西へ向かい、南長崎で小石川道を分ける。やや北東に向きを変えて、千川上水筋を通り、練馬区役所辺りからは再び目白通り筋になる。練馬区貫井で目白通りから北に斜めに分岐する道があるがそれが昔の清戸道で、その後は石神井川左岸を西進、やがて保谷、(東)久留米を経て清戸(清瀬市)に至る街道で、主に農産物の輸送ルートであった。

Dscn5004

練馬区高松の旧清戸道傍らに清戸道の説明板があり、その脇に屋根付きの庚申塔がある。この前の道をかつてのお百姓さんは早朝から穫れたての野菜をもって江戸へ向かい、昼前には帰途につき下肥(堆肥)を運んで帰ってきた。中農以上は馬の背で、小農は天秤棒で担いで運んだという。文京区の日本女子大北側に清戸坂があり当時の逸話も残っている。

Dscn5015

庚申塔は笠付角柱型で日月、青面金剛像、三猿のシンプルな正面図柄だが側面には蓮葉が描かれている。造立年は元禄11年(1698)11月。尊像脇には「奉造立庚申石像一基諸願成就祈所」、右側面には「願主 高都重左衛門 同行二十人」、左側面には「武州豊嶋郡上練馬之内高松村」と刻まれている。

場所  練馬区高松3丁目12-2

|

« 大日如来虚空蔵菩薩下の堂前墓所の石仏(練馬区高松) | トップページ | 小沢家の馬頭観音(練馬区高松) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大日如来虚空蔵菩薩下の堂前墓所の石仏(練馬区高松) | トップページ | 小沢家の馬頭観音(練馬区高松) »