« 文化8年の題目塔(大田区池上) | トップページ | 妙雲寺の庚申塔(大田区池上) »

2022年3月 7日 (月)

養源寺の柔心地蔵(大田区池上)

本門寺下から呑川沿いを下流に歩くと、妙見堂、照栄院、養源寺があり、養源寺の角で路地に入ると路地奥に谷根千っぽいカフェがあり、その脇には堂宇があって柔心地蔵が祀られている。『バカ殿様』の桑マンもお参りするらしい。30数年前に若くして子供を亡くされた親御さんが供養のためにと建立したものらしい。1990年頃だろうか。

Cimg4647

とてもやさしい表情のお地蔵様である。最近発足したという馬込六地蔵巡りの筆頭になっている。馬込六地蔵とは、①柔心地蔵、②市野倉長勝寺の地蔵、③佐伯山公園角の子育地蔵さっちゃん、④中央の五ツ又の交通安全地蔵、⑤臼田坂上の金剛地蔵尊、⑥長遠寺の六地蔵、を呼ぶらしい。長遠寺にはとても沢山の石仏があったので六地蔵は認識が薄かったのを反省。

Cimg4651

柔心地蔵のすぐ先に階段坂があった。どうも「養源寺坂」という名前があるらしい。坂道探訪の時にはこの坂は認識していたのだが、坂名がついているとは知らなかった。おそらく文献には載っていないと思う。坂下標高5mから坂上23mまでを一気に階段で稼ぐ坂道である。坂上をさらに進むと妙見堂裏を通って本門寺境内に入っていく。

場所  大田区池上1丁目31-1

|

« 文化8年の題目塔(大田区池上) | トップページ | 妙雲寺の庚申塔(大田区池上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文化8年の題目塔(大田区池上) | トップページ | 妙雲寺の庚申塔(大田区池上) »