« 小沢家の庚申塔(練馬区高松) | トップページ | さかえ幼稚園の道祖神(練馬区高松) »

2022年3月30日 (水)

幼稚園脇の庚申塔(練馬区高松)

かつてのふじ大山道(現在の都道池袋谷原線)に面した大きな幼稚園「さかえ幼稚園」の西側の辻向かいに堂宇があり、唐破風笠付角柱型の庚申塔が祀られている。

Dscn5071

庚申塔が面している通りが富士街道(ふじ大山道)である。昔は多くの参詣者が前を通っていただろう。庚申塔の造立年は元禄5年(1692)12月だから、富士講が盛んになって人通りが増えたのはおそらく庚申塔が出来てから100年以上先のこと。

Dscn5074

日月、青面金剛像、三猿が描かれており、右側面には「奉造立庚申石塔一基二世安樂祈所 敬白」とあり、左には「上練馬江高松結衆  施主廿五人」と書かれている。上練馬江は上練馬村の誤字だろう。江戸時代この辺りは上練馬村で、特に村境という場所ではなかったようだ。おそらく純粋に農村の庚申講中によって造立されたものだろう。

場所  練馬区高松4丁目9-22

|

« 小沢家の庚申塔(練馬区高松) | トップページ | さかえ幼稚園の道祖神(練馬区高松) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小沢家の庚申塔(練馬区高松) | トップページ | さかえ幼稚園の道祖神(練馬区高松) »