« 久原小学校下の庚申塔(大田区久が原) | トップページ | 特別出張所下の庚申塔(大田区久が原) »

2022年3月 2日 (水)

本光寺の石仏(大田区久が原)

久が原にある本光寺は日蓮宗の寺院。慶長14年(1607)に没した日能上人が開山となり創建した。おそらく徳川家康が江戸に入城した前後ではないかと思う。当時から現在まで当然ながら池上本門寺の末寺である。境内の七面堂が有名らしい。

Cimg4606

前面の道路から少し階段を上って山門がある。久が原台を呑川の支流の小沢が削った斜面に寺院が立っており、その為に数mの高低差がある。西側にある宮坂上の八幡神社の別当寺である。

Cimg4621

山門手前にある2基の石塔は左の大きい方が高祖大士六百回御忌塔とある。明治11年(1878)10月の建立である。気になって明治11年の600年前を調べてみたが高祖大士が誰なのかわからない。日蓮ならば没年は1282年だが、まあアバウト4年誤差でその意味だろうと解釈。右の角柱は題目供養塔で奉唱百部成就とあり、造立年は享保20年(1735)7月。

Cimg4609

山門をくぐると宝篋印塔の脇に古い板碑型の庚申塔がある。造立年は寛文9年(1669)1月で、もとは隣の八幡神社の境内にあったものらしい。昭和後期には本光寺に移されている。正面には「龍共待大帝釈天王」とあり、10人の願主名が刻まれている。ここでも三木姓、平林姓、篠沢姓、天野姓が見られる。

場所  大田区久が原2丁目19-17

|

« 久原小学校下の庚申塔(大田区久が原) | トップページ | 特別出張所下の庚申塔(大田区久が原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久原小学校下の庚申塔(大田区久が原) | トップページ | 特別出張所下の庚申塔(大田区久が原) »