« 池上警察署裏の題目塔(大田区池上) | トップページ | 文化8年の題目塔(大田区池上) »

2022年3月 5日 (土)

元禄9年の道標(大田区池上)

池上本門寺の門前には有名な老舗の葛餅屋さんが3軒ある。浅野屋(創業宝暦2年:1752)、池田屋、相模屋だが、相模屋さんはいつの間にか藤乃屋さんという屋号に変わってしまったようだ。2018年頃のことである。相模屋さんはどうやら倒産してしまったようだが、江戸時代の元禄9年(1696)の創業から320年が過ぎての閉店はさぞ辛かっただろう(享保年間創業説もある)。ただすぐに藤乃屋という屋号で引続き葛餅を売る店舗になったのはよかった。

Cimg4637

その藤乃屋さんの玄関前にあるのが元禄9年の道標である。相模屋さん創業時からここに300年以上立っている石柱の正面は店の玄関側で「南無妙法蓮華経 題目講中三十人」とある。写真正面になる手前側の面が本来の右面で「是よりひたり かわさきみち 古川道」、裏側になる左面には「是よりみき こすきみち 新た道」とある。(武蔵)小杉や(武蔵)新田を意味している。

Cimg4639

この元禄9年(1696)造立の尖頭角柱型の道標は、この前の細い方の道がかつての平間街道(池上道)であったことを示している。さらにそれ以前は鎌倉街道だったと言われている。

場所  大田区池上4丁目25-7

|

« 池上警察署裏の題目塔(大田区池上) | トップページ | 文化8年の題目塔(大田区池上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 池上警察署裏の題目塔(大田区池上) | トップページ | 文化8年の題目塔(大田区池上) »