« 本橋家の庚申塔(練馬区下石神井) | トップページ | 天祖神社の石仏(練馬区下石神井) »

2022年5月 9日 (月)

辻の馬頭観音(練馬区下石神井)

路地と路地の辻の垣根の端にひっそりと佇む石柱がある。この辺りはもともと本橋家一族の農地だったようで、大きな農家には本橋姓が多い。東西の道は新しいが南北の道は江戸時代からの道である。

Cimg5186

写真では駐車場になっているが昭和の時代には民家が建っていた。馬頭観音はそれよりもずっと前から立っていた。造立年は明治5年(1872)9月。櫛型角柱型で正面に「馬頭観世音」と刻まれており、右側には「四人関」、左側には「小泉市五郎 本橋惣治郎」の銘が入っている。

Cimg5191

明治初期の地図を見るとあたりは一面の畑になっている。明治の終わりも同様。昭和に入ってようやくこの辺りに数軒の民家が建ったようだ。「四人関」というのが何を意味しているのかは分からないが、昭和初期の地図では家形が4軒見える。

場所  練馬区下石神井1丁目18-10

|

« 本橋家の庚申塔(練馬区下石神井) | トップページ | 天祖神社の石仏(練馬区下石神井) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本橋家の庚申塔(練馬区下石神井) | トップページ | 天祖神社の石仏(練馬区下石神井) »