« 八成の民間信仰石塔(杉並区井草) | トップページ | 南無地蔵大菩薩(練馬区富士見台) »

2022年5月 3日 (火)

右長命寺道道標(練馬区南田中)

千川通りは豊島区南長崎から西は練馬区上石神井で青梅街道に合流する道で、かつての千川上水の流程を利用した道である。元禄9年(1696)に小石川御殿や湯島聖堂、寛永寺、浅草寺への上水の供給を目的に玉川上水から分水され、巣鴨村までは素掘りの川であった。そこからは木樋を埋めて目的地まで通したという。宝永4年(1707)年に流域諸村が嘆願し農業用水としての利用が許可され、多くの分水が掘られた。

Cimg5140

練馬区南田中の環七の少し東側の千川通りの角に櫛型角柱型の道標が立っている。正面には大きく「右長命寺道」と刻まれている。長命寺とはここから北へ1.5㎞程のところにある高野台の長命寺のことである。千川沿いの道からこの辻を北に向かうと東高野山長命寺に至るという訳である。

Cimg5143

この辻は高野台長命寺方面と江古田・落合方面との帰路で、ここには三兵橋という橋が架けられていたという。この道標はその橋の脇に東向きに立てられていたらしい。この辻の北東は田中村、北西は上石神井村、南側は下井草村という村境だっただけに庚申塔でもいいのかなと思うが、ここは道標がふさわしかったのだろう。

場所  練馬区南田中1丁目15-8

|

« 八成の民間信仰石塔(杉並区井草) | トップページ | 南無地蔵大菩薩(練馬区富士見台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八成の民間信仰石塔(杉並区井草) | トップページ | 南無地蔵大菩薩(練馬区富士見台) »