« 庚申塚(練馬区石神井台) | トップページ | 道しるべ地蔵其の二(練馬区石神井台) »

2022年6月 4日 (土)

道しるべ地蔵其の壱(練馬区石神井台)

沼辺地蔵尊から南西へ富士街道を進むと、約400mで道路の北側の三角地帯に地蔵堂がある。この分岐する道は昔からある道で、保谷方面へ繋がっていたという。この辺りの古い小字は「西村」とあるが、ここも上石神井村の一部である。

Cimg5587

赤い屋根の堂宇の中には一帯の丸彫の地蔵菩薩像が祀られている。高さは110㎝ほどある立派なお地蔵様である。地元では道しるべ地蔵と呼ばれているらしい。造立年は宝永3年(1706)11月。地蔵の側面に文字が刻んである。

Cimg5589

左腕の外側には「奉造立念佛供養二世安樂處」とある。反対側の右腕外側には造立年と「武列豊嶋郡上石神井村字沼邉  講中六十二人」とあり、「願主 本橋平四郎」の銘がある。地蔵菩薩の側面にこれだけの文字が刻まれているのは珍しい。この辺りの古い地名は西村だが、江戸時代はこの辺りまで沼辺だったのだろうか。

場所  練馬区石神井台6丁目14

|

« 庚申塚(練馬区石神井台) | トップページ | 道しるべ地蔵其の二(練馬区石神井台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庚申塚(練馬区石神井台) | トップページ | 道しるべ地蔵其の二(練馬区石神井台) »