« 円泉寺の石仏(足立区加平) | トップページ | 下河原公園の庚申塔(足立区東綾瀬) »

2022年8月 6日 (土)

宿の庚申塔(足立区東綾瀬)

綾瀬駅から北東へ道なりに進むと江北橋通りを越えた先に堂宇がある。明治大正時代までは東渕江村宿添という地名だった辺りだが、元は宿(しゅく)という土地だったようだ。堂宇の脇に御影石の道標があるが、殆ど文字は読めない。説明板には詳しく書かれている。右面には「水戸街道を経て向島方面」、正面には「二合半及び松戸町 二里」「綾瀬村を経て千住方面 二十丁」、左面には「大正四年東渕江青年会」とあるようだ。

Cimg6340

宿という地名の由来については、「旧二合半流山道より南にやや離れて蛇行した川(現在暗渠)は南を葛飾区と境をなす古隅田川。治承4年(1180)10月、下総より武蔵を経て鎌倉入りする源頼朝が古隅田川の沿岸の隅田宿に宿陣、このことから宿と呼ばれた。

Cimg6348

堂宇の中には駒型の庚申塔が祀られている。造立年は元禄13年(1700)8月。日月、青面金剛像、邪鬼、二鶏、三猿の図柄である。「奉造立庚申供養石像一体二世安樂所」と書かれている。ちなみに宿はその昔普賢寺村という村に属しており江戸時代の切絵図にはくねっている古隅田川の流路の巾着のような地形の中が普賢寺村になっている。この庚申塔は普賢寺村の北の端、北三谷村との村境にあったものではないだろうか。

場所  足立区東綾瀬1丁目19-19

|

« 円泉寺の石仏(足立区加平) | トップページ | 下河原公園の庚申塔(足立区東綾瀬) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 円泉寺の石仏(足立区加平) | トップページ | 下河原公園の庚申塔(足立区東綾瀬) »