« 阿弥陀堂跡の石仏(調布市深大寺南町) | トップページ | 三叉路の庚申塔(調布市神代市南町) »

2023年11月 4日 (土)

絵堂法性院の石仏(調布市深大寺南町)

かつての深大寺村は宿、山谷、又住、野ヶ谷、絵堂の5つの地域から成っていた。絵堂は東の端にあたる地域で、現在は中央自動車道が台地を切通しにして分断している。甲州街道滝坂から深大寺に繋がる道は古道で、絵堂はこの古道に沿って民家が広がった。その道沿いに絵堂第一なかよし広場があり、広場の奥に小堂がある。これが法性院で脇には地域の集会所がある。

Cimg9842

中央の堂宇には丸彫の地蔵菩薩がある。文字は皆無だが古い地蔵菩薩である。その左にある笠付角柱型の大きな石塔は廻国供養塔。「奉納大乗妙典六十六部日本回国」とあり側面には「深大寺村 俗名 榎本三郎兵衛」とある。造立年は明和8年(1771)10月である。

Cimg9848

右端にあるのは駒型の庚申塔である。ゼニゴケがまるでペンキを塗ったように前面に広がっている。造立年は元禄6年(1693)10月で、日月、青面金剛像、三猿の図柄である。尊像右には「奉建立庚申供養二世安楽所」とある。絵堂の地名だが、もともとこの広場は墓地だった場所で、昔深大寺の絵馬堂があったので絵堂という名前になったと伝えられる。

場所  調布市深大寺南町5丁目9-2

| |

« 阿弥陀堂跡の石仏(調布市深大寺南町) | トップページ | 三叉路の庚申塔(調布市神代市南町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阿弥陀堂跡の石仏(調布市深大寺南町) | トップページ | 三叉路の庚申塔(調布市神代市南町) »