« 高安寺の石仏(府中市片町) | トップページ | 慶岸寺境内の石仏(狛江市岩戸北) »

2024年3月19日 (火)

長福寺の石仏(府中市宮西町)

府中市宮西町にある長福寺は珍しい時宗の寺院。時宗は鎌倉時代後期に一遍上人が開いた宗派で踊念仏で知られ、念仏を唱えれば極楽浄土という教義。踊る宗教は世界各地にあるが、脳科学などでは面白いテーゼだと思う。長福寺は寛喜2年(1230)の創建だが、まもなく正応年間(1288~1292)に時宗に代わる。一遍上人の没年が1289年だからちょうどその頃になる。

Cimg0550

なんだか現代にぴったりの教義ともいえそうな時宗だが、長福寺は山門をくぐると六角堂(もしかしたら八角堂)が本堂である。本堂は昭和46年(1971)に再建されている。

Cimg0548

本堂脇にある古い石仏のひとつ、舟型光背型の地蔵菩薩像は寛文2年(1662)8月の造立。府中市内でも最も古い地蔵菩薩のひとつである。尊像脇には「武州田摩郡府中(領)念仏講供養 同行女十四人」とあるので女念仏講中による建立のようである。

Cimg0542

本堂の前にある丸彫の地蔵菩薩立像の方は、元文元年(1736)10月の造立。玉石のの基壇には「願誉上人 誓蓮社 祐円和尚 当寺廿七世」とある。なお旧甲州街道から山門までは細長い路地だが、もともとの参道だったはず。甲州街道に長福寺の石標がある。

場所  府中市宮西町4丁目18-1  map

| |

« 高安寺の石仏(府中市片町) | トップページ | 慶岸寺境内の石仏(狛江市岩戸北) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高安寺の石仏(府中市片町) | トップページ | 慶岸寺境内の石仏(狛江市岩戸北) »