« 玉川上水脇の庚申塔(三鷹市上連雀) | トップページ | 諏訪神社の庚申塔群(調布市深大寺東町) »

2024年4月 6日 (土)

GS脇の庚申塔(三鷹市上連雀)

三鷹市役所前交差点の北西角にあるエネオスのガスステーション、都道121号線と都道110号線が交差する。東西に走る都道110号線はかつての人見街道である。辺りは100年前には人見街道沿いに桑畑が広がっていた地域で、南通と呼ばれた地域の東の端にあたる。

Cimg0568

このガソリンスタンドの南西角に石仏が祀られている。近代的なものと古いもののコンビネーションがいささか違和感を感じさせるが、守られている感じがあってよいと思う。右の小さな石仏は頭部が欠損した地蔵菩薩坐像である。何も文字がないのでいわれは分からず。

Cimg0564

左の庚申塔は駒型で、日月、青面金剛像、邪鬼、三猿が描かれている。右面には元文2年(1737)10月の造立年、左面には「講中拾二人」のもじが刻まれている。

場所  三鷹市上連雀8丁目4-5  map

| |

« 玉川上水脇の庚申塔(三鷹市上連雀) | トップページ | 諏訪神社の庚申塔群(調布市深大寺東町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉川上水脇の庚申塔(三鷹市上連雀) | トップページ | 諏訪神社の庚申塔群(調布市深大寺東町) »